資金回収。

この記事は約3分で読めます。
すべて元箱ありの完品

ソニーのSCD-555ES、ATOLLのDAC100se、STAXのSRS-2020をオークションに出して荒稼ぎ。3年ぶりに出品したらいろいろとシステムが変わっていてとまどった。いちばん違うところは、落札者が商品を受け取ったという連絡をするまでは入金されないというところ。その入金もYahoo!ウォレットにプールされるっていうのが不安だった。もちろん手続きをすれば銀行振り込みしてもらえる。

買った店は今はもうない

登録できる写真は10枚に増えていた。写真を撮ったあとで1200pxの正方形がベストという情報を仕入れたけど撮り直すのも面倒だからそのままGO! 「漢の1円スタート」と「送料込み」は基本中の基本。SCD-555ESは出足は良かったものの途中で伸び悩み、終了間際でまさかの金額に。20年前に10万円で買ったもの(定価18万円)が、83,000円で落札された。マジっすか! ここからYahoo!のシステム利用料8.8%と送料が差し引かれて手取りは74,396円。昔々は利用料はこんなに高くなかったけどなぁ。

落札ありがとうございます!

ちなみに140サイズで15kgのSCD-555ESの送料は1,300円。「ヤフネコ!パック 宅急便」を使ったんだけど、全国一律の料金で匿名配送できるってゴイスー! 落札者から送り先と入金の連絡が来るとQRコードやバーコードを生成できる。それをヤマト運輸の営業所とかコンビニの端末で読み込ませると送り状が発行されるというすごい仕組み。やり方を全く知らなかったぼくは、QRコードを表示したiPhoneを受付の人に見せて「お願いします。」って言っちゃったわ(笑)

SRS-2020はまぁまぁそこそこ級のお値段で落札されて、最後のDAC100seはやっぱ不人気機種だからそんなに行かねぇなぁと思っていたところ、終了間際に競りバトルが発生して45分延長の末、罪悪感を感じる金額で落札された。これがさー、SCD-555ESもそうだったけどいわゆる「オークション落札代行業者」でさー、業者の存在を知らなかったもんだから、最初はなんかサギ?みたいに思ったけど、両社とも落札後すぐに連絡が来て翌日に入金のお知らせが来た。Buyeeは受け取り確認が到着から3日目だった。(週末だったから仕方がないか)

3点の取り引きがすべて終わって、ジャパンネットバンクに振り込んでもらう手続きをする。クリックした瞬間に振り込み完了。手数料はかからなかった。反省点としては、出品期間が7日は長すぎるかなーというところ。間に週末が入るようにして5日くらいがちょうどいいというか限界。出品期間中はオークションに振り回されるから疲れてしまう。そんなわけで、久しぶりのオークション出品は大勝利に終わったとさ。

タイトルとURLをコピーしました