修理できない問題。

この記事は約2分で読めます。
ナショナルだぜ!

今までに何回かエコキュート(湯沸かし器)のトラブルの話を書いたけども、寒くなってくると「エコキュート H59」とかで検索してくる人が増える。今年もそんな季節がやってきたなぁなんて思っていたら、わが家のエコキュートがついに寿命だぞ、というお話。

壊れたのは浴室リモコン(汚くて申し訳ない)

ちょっと前から、風呂の自動湯はりをセットしたはずがセットされていないということがたまにあって、その時はセットし忘れたのだと思っていたんだけど、先週くらいからセットしても湯はりが始まらないことが多くなって、こいつはおかしいぞとかやってるうちに、浴室リモコンに「エラーコード H76」が表示されるようになってしまった。こうなるとブレーカーを落として入れ直さないとダメ。

一式おいくら万円するんでしょうか?

で、このH76はなんのエラーなのかというと、ズバリ「リモコンの故障」でありました。そういうことならば、サクッと修理をお願いしましょうってことで手配してみると、なんと製造終了で修理不能というではありませんか。マジっすか! まぁまぁ、リモコンじゃなくて裏の配線が腐食してるだけかもしれないじゃん?という仮設のもとに設備屋さんに見てもらった。が、かなり分解しないと配線にたどり着けないみたいで深追いはしたくない様子だったから、無理にお願いするのはやめた。

製造終了から8年以上経過してる?

設備屋さんにお願いする前に浴室リモコン「HE-RQV4S」の中古品をメルカリで発見していたけど、今日見たら売り切れになっていた。まぁまぁ、これを入手したとして素人修理は漏電とかの問題も怖いし、家を建ててから15年経過してエコキュートはそろそろ寿命なのかな、という結論に達した。とりあえず沸き上げ機能には問題ないから年が明けてから動くかなぁ。それにしてもなー、仕事がヒマで精神的にやられている時に追い打ちをかけるようにこれは厳しいわー。

食洗機も修理できなくて入れ替えたんだよなー。こういうのなんとかならないのかなぁ。


エコキュート、丸ごと交換しました。

タイトルとURLをコピーしました